ファミリーコンピュータ(ファミコン)

  本体:任天堂 1983年7月15日   上部選択覧 名前順で行くと1番上には来ないのですが、これが全ての始まり的な道具なので最上段に紹介をする事にしました。年々、この姿を知っている方が減っていくのだろうなぁ‥と何気なく思っています。赤と白の懐かしい本体。これを見ると「ファミコンだなぁ‥」等と当たり前の感慨深さを味わえます。箱の中身画像も載せてみました。一応、掃除はしてありますが、どうにもこの本体の白い部分は汚れやすく、表面もザラザラとしているので拭いても完全に汚れが取れないのがネックです。本当の当初はボタンが四角くゴム製ですぐに押しにくくなるものでしたが途中からプラスチックの丸ボタンになっていましたね。いつから切り替わったのか正確には知りませんが‥。このファミコンはAV仕様ではなくRスイッチでの切り替えなので今のテレビに取り付けるのはかなり面倒なものがあります。ですのでこれが接続される事はたぶん、ありませんが壊れてはいないはず(^_^.)もう1台、この形のファミコンがあるので資料を見ながらAV仕様に改造してみようか?とか思っています。いつになるのかは解りませんがそのうちに。この本体は真ん中のレバー「ガコンッ」とカセットを抜く‥というか押し上げるんですがそれがまた、いい感覚でした。ちょっと光の反射で見えにくいですが取説とかも揃っています。
 

ファミコン用替コントローラー

  コントローラー:任天堂 1983年7月15日?で良いのかな…   上部選択覧 解説…っても何も書くことが無い……ええとですね。コントローラーは案外、壊れる率があったりするものなのです。ボタンだけがペニャペニャになった場合には中のゴムを替えれば良いんですがジュース等をこぼしてしまい、コントローラー中の基盤がダメになってしまった場合や初期の■ボタンで押しにくいから変えたい場合などにこれの出番。本体裏のネジを外し、開けてコントローラーを付け替えるわけですが、そんなに難しい作業では無いので元から付いていたコントローラーと同じようにつければおkな具合です。このページにも出ているニューファミコンにはマイクが無いのでこれをうまく付けられれば良いのですが…当サイト管理人にはそこまでの技術は無いなぁ^^;機械に詳しい人ならもしかしたら、中の部品をいじって付けられるのかもしれません。当サイト管理人宅では現在、稼動させているのはニューファミコンなのでこれは当分、引き出しの中で寝ていると思いますがファミコンとして手にシックリ馴染むのはやっぱしこっちだなぁ…と写真撮る際にいじってみて思いました。この形のファミコンを稼動させたい時はマイク技を使いたい時に強く思いますねぇ。バンゲリングベイとかマイクに「ハドソン!」って叫びたいねぇ^^;一応、1コン写真と2コン写真も掲載してみました。
 

アスキースティックL5

  コントローラー:アスキー 1988(9)年?月?日   上部選択覧 片手で遊べるコントローラーです。左手で使う用になっているので右手ではかなり使いにくいですよ。また、アクションやシューティング等のアクティブな動きを要するものには全く適しません。ロールプレイングやアドベンチャー、シミュレーションとかの非アクティブな動きのゲームにはけっこう重宝です。ただ、長く使うと‥多少手が疲れる感じはしますので腱鞘炎持ちな方にはちょっと辛いかもしれません。ただ、右手が使えるのでマッピングをしながらとか‥何かを書き写しながらとか攻略本を読みながらとか‥の使い勝ってには良い感じ。持ち手は人間工学に基づいた形との事でけっこう、握りやすい形、というかシックリとフィットするような感じはあります。慣れるまでAボタンとBボタンとを間違えやすいとか、つい両方を同時くらいに押してしまうとかな間違い?は起きるような気配は濃厚かも。あとはコードが長いのも良いですね。ファミコンのコントローラーのケーブルは短いので、そういった意味でも重宝です。ちなみに、ちょっとお遊びでシューティングとかをすると‥もう激烈で笑えますよ。アクションも‥かなりウケられます。ケースの台紙に「FF」印があるので比較的ファミコン後期に発売されているのは解りますが正式な発売日は不明。本体シールに1989年となっていました。これが台紙です。
 

光線銃(ガン)

  ガンコン:任天堂 1984年2月18日   上部選択覧 ファミコンで出ていた光線銃対応ソフトの3種を遊ぶ為だけのガンコン。そう考えるとかなりリッチなものかも。いや‥当時、リッチなアイテムだったのですが(※注:当サイト管理人にとっては、の価値観)今もけっこう値段が高く取引されているようですね。持っている方が少なかったのか‥無事に残す方が少なかったのかでしょうか。ここでも紹介している3作の「ダックハント」「ホーガンズアレイ」「ワイルドガンマン」はだいぶ前に購入して今の今まで(これの入手日は2005年1月8日)遊べないでいました。実際に遊んでみるとけっこう、楽しいのですがちょっとだけ難が発覚。それはトリガーを引くと引き金部分がガシャッと動くのですがこの音がけっこう、うるさいといった部分です。家族には「ガチャガチャうるさい!」と文句を言われてしまいました(^_^;)ここに布を軽くはさんで遊ぶと効果的に静かになります。重さもかなり軽いので子供でも大丈夫でしょう。金属的なものではなくって全体がプラスチック製になっています。引き金部分の隙間から中のコネクタとかも見えますよ。この時代にしてはかなり、画期的なゲームでしたね。何せ画面に向かって撃つと反応するのは「スゲ〜!」と子供心に思っていましたし。‥当時は買ってもらえませんでしたけれどね(笑)大人の今って良いです(魅)
 

スリーディーシステム

  メガネ:任天堂 1987年10月21日   上部選択覧 1部の『「3D SYSTEM」対応』と書かれたカセットに有効なメガネ。中身‥というか本体はまだ未開封の新品なのでそのままにしてあったりします(^_^;)「コズミックイプシロン」なんかが対応ソフトの1つとなっていますね。他にももちろんありますよ。使うと‥一応、立体感が増しますが、ちょっとだけ無理があるような感じがしないでもない‥というかやや微妙ですが、確実に3D感は味わえると思います。‥曖昧な書き方ですが、これは今現在、この新品を使いたくありませんし(笑)そうなるともう1つないと試せないからなんですよ。昔、子供時代に遊んだ経験があるも自分のものではなく友人宅で貸りての遊びだったので、ちょっとだけウロ覚えな部分があったりします。再び、もう1つ遊ぶ用を入手して試したら書き換えようと予定しているんですけれどね。子供心には「カッコイイサングラス」なイメージがあったのですが今、見るとカッコイイ‥とはちょっと言いにくいかも。取り付けには大掛かりとまでは行きませんが、このサングラス状のメガネとファミコン本体と繋ぎ、さらにアダプターにもなっている部品で構成され、メガネ自体にも電源が必要な道具となっています。絵付きで繋げ方を解説してあるのがこの箱裏にありますので何となくの感じを図でご覧になって下さい。
 

ニューファミコン

  本体:任天堂 1993年12月1日   上部選択覧 赤と白のファミコンをちょっと進化?させたようなファミコンが、ファミコン市場末期に出ました。それがこのニューファミコン。良い部分としては接続がAV端子になった事でしょうか。画面は前のものと比べて格段に良くなりましたし接続が簡単になったのは紛れも無い事実でしょう。ただ、良い部分だけではなくって‥当サイト管理人が残念に思っているのは「マイク」が無くなった事です。マイクが無いと遊びにくいゲームや裏技が出せない(笑)とかの弊害があったりするんですよね。これは残念な部分です。また、もう1つとしては‥これは弊害とかではなくってただ単にお楽しみ?要素かもしれませんが、カセットを取る際に「ガシャン」とレバーを上げて「ガコンッ」と取るあの感覚が好きな方にはちょっと残念。小型化も進みスタイリッシュな見た目でデザインとしては好きなのですがレバーが無いのは残念かも?これは自分でキュッと抜いて取り出すので味気ないかもしれません。一長一短かな?気に入ってはいるんですけれどね。今現在、稼働しているのもこれですし。また各種接続に必要なもの(アダプターとかAVコードとか‥)は別売りになりました。従来の接続方法は別途必要なものも増えてかえって難しくなるという面もあります。中身はこんな感じで接続方法の載ってる箱裏はこんな感じ。
  ワンハンドコントローラー 

ウルテク3(スリー)名人くん

  特殊コントローラー:はなやま玩具 ?年?月?日   上部選択覧 これほど、操作性の悪い特殊コントローラーも少ないであろう一品。まぁ確かにパワーグローブというもう1つのスゴイ操作性悪いアイテムもあるんだけど、どちらが操作性悪いかは…激しく微妙^^;出した感じはこんなです。一見、スティック型のただのコントローラーって具合…でもないか。本体を大きく写してみたけど金属の管が巨人の星に出てくる養成ギブスみたいだけど本当に操作性の悪さはピカイチ。何も養成されない事うけあいです。これをコントローラー装着面である裏から見てみたのがこれ。マイク機能も考えて穴が開いてるけどこれは床等に置かないとさらに操作性悪くというかもはやコントローラーの役割を全く果たさないくらいになるんだけど床に置いてマイク使用って難しいよなぁ。パソコンデスクみたいのでファミコンするのなら良いかもしれんけど。箱裏の解説見ても解るように床等に置いてみっちり圧着?させないと辛い構造になっています。みっちり圧着してもボタンを押すのが空気圧みたいな具合なので押しても無反応の場合すら多くある。これを使ってスーパーマリオ悪魔城ドラキュラとかするとある意味、面白いですよ。これでクリアできたら神認定。そして、売り出す前に動作検証とかしたのだろうか?とか素朴な疑問が湧き上るこういう品があるこの時代が良いなぁとか感じます。